事務所のご案内

■東京事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館906号室
TEL:03-6550-0906
FAX:03-6551-0906

■富山事務所
〒930-0804
富山県富山市下新町8-16
TEL:076-441-0800
FAX:076-441-0818
 
■第159回通常国会
平成16年1月19日〜平成16年6月16日
●本会議
●2004年2月27日 本会議
(1) 369兆円もの特別会計の見直しを
(2) 年金・雇用保険資金で行なった施設事業について
(3) 性急な施設売却は責任を隠蔽するものだ
(4) 小泉総理「5000億円(0.14%)見直した」


●総務委員会
●2004年3月16日 総務委員会
(1) 地方に犠牲を強いる交付税・補助金削減
(2) 税源移譲で地方の自由度を高めよ
(3) 地方単独事業の削減は不合理
(4) 「朝令暮改」の小泉首相の郵政民営化論
(5) 全国500以上の町村で銀行がない。郵貯・簡保を守れ。

●2004年3月18日 総務委員会
(1) 「看板に偽りあり」の三位一体改革
(2) 原発・核燃料への課税自主権への牽制
(3) 自治体で節減できない費用を国が削減
(4) 地方財政法が禁ずる赤字地方債
(5) 地方自治破壊・中央集権化

●2004年3月24日 総務委員会
(1) 公務員制度の能力評価について
(2) 特権官僚増殖システム温存だった「改革」政府案
(3) 「三位一体」交付税と国庫補助負担の削減だけでなく税源移譲を

●2004年3月25日 総務委員会
(1) 成田空港周辺整備の財政特別措置法改正(延長)案について
(2) プロジェクトは周辺対策費も換算し論議せよ
(3) 大昔の計画より「いま必要か」見直せ

●2004年3月26日 総務委員会
(1) 地方税法等改正案など三法案に対する反対討論

●2004年3月30日 総務委員会
 ※通算100回目の質問
(1) アジアの歴史の報道について
(2) イラク攻撃に関する報道のあり方
(3) 国民保護法案等による言論統制の危険性
(4) 報道倫理に基づき権力に媚びず中立公正な報道を
先頭へ▲

●2004年4月8日 総務委員会
(1) 営利のための消防法軽視は人命を危うくする
(2) 救急救命士をもっと配置を
(3) ILO勧告に従い消防職員に団結権を

●2004年4月15日 総務委員会
(1) 人事委員・公平委員の中立性を阻害する兼職
(2) 任期付採用で正規雇用を非正規雇用にするな
(3) 公平委員会は独立機関でなければ無意味

●2004年4月22日 総務委員会
(1) 政府は自ら超勤の実態調査をせよ
(2) 実態も把握せず民間への行政指導などおこがましい
(3) 食糧事務所・林野事業での人減らしは時代に逆行
(4) 400名の天下りを生み出した独立行政法人化
(5) 総務省が音頭をとってサービス残業削減を

●2004年5月11日 総務委員会
(1) 電波利用の地域間格差を補正すべき
(2) 電波犯罪を理由とした盗聴・監視の強化は許されない

●2004年5月18日 総務委員会
(1) 市町村合併で役場が遠のくことの弊害
(2) 地域で工夫した地域自治組織を規制する政府
(3) 昭和の大合併でも反故にされた交付税保障
(4) 住民投票は合併促進だけではなく真の住民意思尊重を
(5) 合併しない自治体へ制裁的に交付税を削減するな

●2004年5月18日 総務委員会(討論)
    市町村合併関連三法案への反対討論
(1) 自治体間の対等・協力関係を崩す合併強要
(2) 政治的中立性を欠く合併促進だけの法制化
(3) 地域コミュニティーとかけ離れた無意味な合併行
(4) 特例債など目先の利益で釣る姑息な合併推進策
(5) 政府の「住民主権」の認識の欠落による混乱

●2004年6月14日 総務委員会
(1) 地共済法の親法案「年金制度改悪法案」強行に抗議
(2) 公務員の最終保険料は20%
(3) 地共済から基礎年金へ、拠出1兆1百億円余
(4) 基礎年金から地共済へ、受給5千3百億円余
(5) 自治体の非正規職員の地共済など適用拡大で空洞化防止を
先頭へ▲

 
●予算委員会
●2004年3月11日 予算委員会
(1) 六カ国を総合安全保障協議の場へ
(2) アジア諸国に憂慮される米国追随と改憲の動き
(3) 膨大な戦時法体系である有事7法案・3条約
(4) すでに米軍艦船に180億円分の無償給油
(5) ACSA改訂で懸念される軍事物資提供後の流用


●決算委員会
●2004年3月8日 決算委員会
(1) 不要な特別会計を廃止せよ
(2) 年金積立金の6割が不良債権化?
(3) 社会保険事務の国一元化と国保納付率の低下

●2004年3月22日 決算委員会
(1) 複数年度予算は民主主義の否定
(2) 複数年度化に似た明許繰越しの監視の在り方
(3) 特別会計の乱脈システムの改善に向けて

●2004年4月21日 決算委員会
(1) 不透明なODA
(2) 「企業の喰い物」「無駄遣い」「汚職」の疑念
(3) 作ったが機能していないODAの事例
(4) 人道支援に献身したボランティアに飛行機代を請求する前に、税を投じてイラクの誰を助けるのか注視せよ

●2004年4月26日 決算委員会
(1) 労働基準局所管の独立法人は労働者に役立つものなのか
(2) 労働者の立場から再建中の企業への猶予措置を検討せよ

●2004年5月10日 決算委員会
(1) 政府資金の莫大な毀損が出ている特別会計
(2) 「投資」として税を企業に垂れ流す政府
(3) 政策的投資と言えば何でも通る時代ではない
(4) 囲い込み的特定財源を一般財源化せよ
(5) 特別会計を福祉・雇用・環境に

●2004年5月17日 決算委員会
(1) 民間からの有利子借入金がある特別会計の存在
(2) 不必要な利子補給として銀行に支払われる税金
(3) 環境保全のためにも林業従事者減少をくい止めよ

●2004年5月19日 決算委員会
(1) 政策目的で赤字を出すなら監視の厳しい一般会計に
(2) やり取り・重複など複雑化した特別会計を整理せよ
(3) 地域住民対策費をつけ過ぎて「不用費」が出ている電源開発特別会計
(4) 資金という名の「裏ポケット」を乱造するな

●2004年5月31日 決算委員会
(1) 竜頭蛇尾になる政府の特別会計見直し原案
(2) 特別会計を削減し、年金財源などに充てよ
(3) 不信の高まる年金改悪法案は一旦撤回せよ
先頭へ▲
 
         
   
     
  ■サイトマップ