2005.9.10

1.   皆さん、こんにちは! 社民党幹事長の又市です。
 選挙も余すところ1日となりました。ご承知のとおり小泉首相は、「郵政民営化は財界や米国の外資のビジネスチャンス作りであり、国民に身近で便利な郵便局の公的サービスを壊すものだ」という参議院での法案否決の冷厳な事実を無視し、「国民に郵政民営化の○×を聞きたい」と、総選挙に打って出ました。800億円もの税金を使って選挙をするほどの課題でしょうか。800億円あれば、50〜60人入所できる介護施設が80個以上作れるのですよ!
 そして小泉首相は、自分に忠勤を励む議員だけを作るため、「反対者は公認しない」「刺客を送って落とす」と、暴力団顔負けのいじめをやっているのです。政治は生きた教育と言われますが、こんな政治家達に教育や政治を語る資格はありませんよ! そうじゃありませんか!
 みなさん! この自民党に多数を許せば、来年の高齢者医療の改悪も、1世帯30万円以上のサラリーマン大増税も、また憲法の改悪も、あっと言う間です。これに真っ向から対決する社民党に力を貸して頂きたい! ご一緒に小泉独裁政治ストップに力を合せて下さい!

2.  皆さん! 小泉首相の「改革」という言葉のマジックに騙されてはなりません。この4年4か月、小泉改革の下で、何が進みましたか。
 「自民党をぶっ壊しても構造改革をやる」と叫ぶ小泉・自民党商店の品物を買ってみたら、医療・年金・介護保険が次々改悪という粗悪商品・有害商品ばかり。その上、完全失業者は常時300万人、不安定な身分の非正社員は1500万、合せて勤労者全体の約4割ですよ。勤労世帯の収入は毎年下がり続け、生活保護基準以下の年収200万円以下の世帯が17.5%=6軒に1軒に増えました。リストラされた中高年者を中心に自殺者は毎年3万人。「改革」の名でサラ金ばりの、国民生活破壊商品ばかりですよ!
 一昔前の「一億総中流」つまり所得格差や社会的格差の小さい社会が、小泉構造改革によって「格差拡大社会」に変わり、いまや多くの国民が将来不安・雇用不安で一杯じゃありませんか!
 加えて、憲法違反のテロ特措法、有事法制、イラク特措法を相次いで強行し、そして今、自衛隊を米軍のお供として、いつでもどこへでも派兵するために、憲法9条改悪の動きを強めているのです! これが小泉政治の実態です!

3.   皆さん! 郵政民営化は、こうした「国民生活や平和憲法ぶっ壊しの小泉政治」、つまり切実な年金など社会保障、雇用の安定、増税路線、平和憲法の破壊と外交の破綻などの争点を隠すためなんです!
 この点を見抜いて下さい!
 「二大政党になっても政治はちっとも良くならない」と言われます。それはそうです。向かいの岡田・民主党商店も、野党離脱・政権準備党を宣言し、国民に犠牲を強いる構造改革・規制緩和を「もっと早く徹底してやれ」という商品ばかりです。自民・公明と共に憲法改悪の商品も売っています。つまり自民党と民主党の基本政策がほぼ同じだから、政治が良くなるわけがありません!
 現にころっと郵政民営化に変わり8万人首切りを認め、また公務員削減で自民・公明と公共サービス・福祉切り捨てを競争しています!

 「社民党が小さくなって政治がおかしくなった」と言われ、申し訳ない思いで一杯です!安心できる年金、子育て支援、均等待遇と雇用拡大、その基礎である平和憲法を守るために、私たち社民党は命がけで闘います!どうか力を与えて下さい!
 選挙区は社民党の候補者に、比例代表は社民党へ、子ども達に夢と希望の持てる政治を創るために、ご支持の輪を広げて頂くよう心から訴えます!