2007.6.12

(1)  この6年近く、政府との国会論戦は230回を超え、また党幹事長として党務や全国遊説、そして院内野党共闘などに奔走してきました。改めて皆さんの温かいご支援ご協力に心から感謝申し上げます。

(2)  さて、参院選まで40日です。この選挙は、様々な格差を拡大し社会を荒廃させる政治、憲法を改悪して戦争のできる国へひた走る政治、5000万件もの宙に浮いた年金記録を放置してきた政治、そして政・官・業界の癒着を温存する政治を変える絶好のチャンスです。改選議席は121ですが、3年前は野党が63議席で与党が58議席でしたから、野党が今回59議席以上獲得すれば与野党が逆転し、安倍内閣は総辞職か解散・総選挙するしかありません。政治は大きく変わります。どうか皆さん、社民党を前進させて頂き、一緒に政治を変えようではありませんか!

(3)  小泉「改革」は、大企業に4期連続で過去最高益を更新させる一方で、働く人々には、依然270万の完全失業者、全勤労者の3分の1=1726万人の非正規労働者を生み出し、勤労世帯の所得を8年連続で低下させました。生活保護基準に満たぬ年収200万円以下の世帯が5世帯に1世帯に拡大しました。そのうえ年金・医療・介護や福祉を次々と改悪しました。つまり小泉「改革」は、日本をかつてない格差社会に陥れたのです。この後を継いだ安倍内閣は、この格差を是正するどころか、定率減税の廃止でこの6月から住民税を平均月額約7000円も増税し、また参院選後には消費税率の大幅アップを図っています。他方、大企業には4100億円も減税しました。こんな国民の暮らし破壊内閣を、断じて許すことはできません!

(4)  また安倍首相は、「戦後体制からの脱却」を叫び、憲法改悪へひた走っています。昨年の臨時国会で防衛「省」昇格法と、歪んだ愛国心を子ども達に植えつける教育基本法改悪を強行し、そして今国会では3年後に憲法改悪を目指す国民投票法、日米軍事一体化を進める在日米軍再編特措法、航空自衛隊のイラク派兵延長法などを次々強行してきました。もし3〜4年前に憲法改悪を許していたら、自衛隊はイラクで人を殺し、自衛隊も死傷者を出し、日本はテロの対象国になっていたでしょう。国際貢献の名で、米軍と共に日本の若者を戦争にかり出す戦前回帰の暴走政治は断じて許せません! 9条改憲はなんとしても阻止なければなりません!

(5)  野党第一党の民主党は新自由主義路線を取り、自民党と並ぶ保守二大政党を目指しており、安倍内閣の暮らし破壊と改憲を止めることはできません。それは、防衛「省」昇格法に賛成し、愛国心教育や改憲国民投票に実質賛成してきたことに明らかです。だから、格差是正と9条改憲阻止のためには、参院選での社民党の前進による与野党逆転が大事なのです! 
 どうか皆さん! 暮らしと平和を守るために、社民党と共に闘いましょう! 私は、社民党全候補の先頭に立って、この選挙戦に全身全霊を傾けて立ち向かいます! 私・又市征治の勝利を通して社民党の議席増を勝ち取らせていただきたい! 参院選に臨む私の決意を込めて、心から呼びかけます! 頑張りましょう!



以 上